腰痛のレッドフラッグについて

おか鍼灸整体院は、腰痛専門の整体院として日々施術しておりますが、中には整体では対応できない程の重症の患者さまも来院されることがあります。

このような場合に重要になってくるのが、「腰痛治療におけるレッドフラッグ」という基準で、この基準にあてはまる患者さまは、必ず先に病院などの医療機関での検査をおこなう必要があるとされています。

今回はこの「レッドフラッグ」という基準について説明しようとおもいます。

腰痛治療における「レッドフラッグ」とは?

レッドフラッグの画像

腰痛治療のガイドラインは、各国で発表されていますが、必ず医療機関を受診しなければいけない状態の基準としては、ヨーロッパ腰痛ガイドラインの中の、腰痛診療の「レッドフラッグ」という基準が最も参考になるとされています。

腰痛治療に対するレッドフラッグの具体的な項目

では、この腰痛治療の「レッドフラッグ」にはどのような項目があるのかを挙げてみます。

  • 腰痛の発症年齢が20歳未満であるか、または55歳を超える場合。
  • 最近に、高所からの転落や、交通事故などの激しい外傷の原因がある場合。
  • 動作と関係なく、楽な姿勢がなく、進行性の絶え間ない痛みがある場合。
  • 胸部の痛み
  • 悪性腫瘍(ガン)の病歴がある場合。
  • 長期間に及ぶ、副腎皮質ホルモン(ステロイドなど)を使用している場合。
  • 非合法薬の使用、免疫抑制剤の使用、HIV陽性の場合。
  • 全般的な体調不良がある場合。
  • 原因不明の体重減少がある場合。
  • 腰部の強い屈曲の制限が持続している場合。
  • 脊柱の叩打痛がある場合。
  • 身体の変形がある場合。
  • 発熱がある場合。
  • 膀胱直腸障害および、サドル麻痺がある場合。

レッドフラッグに当てはまる場合はまず、医療機関を受診すること。

医療機関のイメージ

以上のような項目があげられており、この項目に当てはまる場合は医療機関を受診する必要があるとされています。このような腰痛診療の「レッドフラッグ」に該当する患者様は、全腰痛患者の5%とされてます。

この5%を見逃したり、知らずに治療院での施術を先にしてしまうことによって、症状が良くならずに悪化の一途をたどったり、腰痛以外の他の重篤な病気が隠れているのにそれを発見できなかったりしてしまうのです。

このような基準さえ知らずに営業している店があるのも事実。

実際にこのような基準さえ知らないマッサージ店や、整体院が存在しているもの事実です。

おか鍼灸整体院では、初めての患者さまは施術前に丁寧にカウンセリングさせていただいて、このレッドフラッグに該当する患者様については、施術をする前に整形外科などの医療機関の受診して詳しい検査をしていただくようにしております。

自分がこの基準にあてはまるのかよくわからない場合は、お気軽に当院までご相談くださいね。