高松市で夜21時まで営業!仕事帰りにも寄れると評判の腰痛専門整体院です。

おか鍼灸整体院


脊柱菅狭窄症とは?

今回は、高松おか鍼灸整体院でもよく相談を受ける、特異的腰痛のなかの1つである「脊柱管狭窄症」のことについて説明していこうとおもいます。

脊柱管狭窄症とはどういう状態をいうの?

最近は、健康雑誌や、テレビの健康番組でも「脊柱管狭窄症」という言葉はよく取り上げられているので見たり、聞いたりしたことがある人も多いのではないでしょうか?ただ、この「脊柱菅狭窄症」がどのような状態を指しているのかを正しく理解している人は少ないと思いますので、簡単に説明していきますね。
人間の背骨は、「椎骨」という積み木がたくさん積み重なるようにして、1つの背骨を形成しています。そして、その「椎骨」という積み木の真ん中には「椎孔」という大きな穴が空いています。そしてその「椎孔」が縦に積み重なるようにして、1つの管のようになっています。これを「脊柱管」といいます。
そして、この「脊柱管」の中には、「脊髄」と呼ばれる「神経の本幹」が背骨の上から下まで通っています。

そして、この脊髄を通している「脊柱管」が、上から下までのある部分で、狭くなってしまい中を通っている脊髄を圧迫してしまう状態を「脊柱管狭窄症」といいます。この状態になる原因にはいろいろな原因があります。

脊柱菅狭窄症の特徴は?

「脊柱菅狭窄症」は「脊柱管」が部分的に狭くなる事といいましたが、原因にはいろいろあり、腰椎分離すべり症によるもの、長期間に渡って腰部に負担をかけ続けた結果として、「椎間板の変性」「椎間関節の肥厚」「黄色靭帯の骨化」といった、背骨の構造の変形や、背骨にある靭帯が骨のように固くなることなどが原因として上げられます。 

脊柱管狭窄症になることで、現れる特徴的な症状としては、腰痛・下肢のしびれや痛み・足のうらの違和感・排尿や排便がうまくできなくなる膀胱直腸障害などがあり、なかでも一番特徴的なのは、「間欠性跛行(かんけつけいはこう)」と呼ばれるもので、しばらく短時間短い距離を歩くと足に痛みやしびれが生じて、休まないといけなくなり、腰を少し丸めて休むとまた普通に歩けるようになるという状態です。

脊柱管狭窄症に現れる「腰痛」の特徴としては、身体を後ろへ反る動き(伸展動作)で痛みが強く現れ、逆に少し身体を丸める姿勢を取ると楽という特徴があります。また、発生しやすい年齢は50歳以上で、男性に多く見られるとされています。

脊柱管狭窄症になったらどうすればいいの?

先程もいいましたように、「脊柱菅狭窄症」は、50歳以上の比較的年齢層が高い人に多く見られるというところからもわかるように、短期間でこの状態になるものではなく、何十年も同じ部分に負担をかけ続けた結果として、「骨の変形や、靭帯の骨化」がじわじわ起こってきて、脊柱管が狭くなり神経を圧迫して痛みにつながっています。骨の変形や靭帯の骨化が進行していて狭くなる度合いが大きい場合は手術が行われることも多いのが事実です。

状態として進行している場合は、なかなか整体などの保存的療法で結果は出にくくなります。ただし、そこまで進行はしていなくて、症状的にもひどくはない場合は、それよりも進行させないという考え方が非常に重要になります。

高松おか整体院で、脊柱管狭窄症の人に必ずするアドバイスのポイントとしては、「不安定になっている背骨を支える為に、背骨の関節や靭帯に負担が集中しているのが原因ですので、背骨の不安定性を無くす、背骨を安定させるための筋肉などのエクササイズが非常に重要になる」ということです。整体での施術に加えて、自宅での悪い姿勢の修正や、この背骨を安定させるためのエクササイズを根気よく習慣化することで、悪化を防げると考えております。

軽度の脊柱菅狭窄症の場合で、これ以上悪化させたくない、なるべく手術になるのを防止したいという事でお悩みの方は、ぜひいちど高松おか整体院までお気軽にご相談くださいね。

おか鍼灸整体院のご案内

住      所:
〒760-0043 香川県高松市今新町8-10
アクセス:
琴電琴平線 片原町駅から徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
087-887-4191
営業時間:
月曜日〜土曜日 9:00〜21:00 電話予約の最終受付は21:00です。
定休日:
日曜日 祝日

ページ上部へ