高松市で夜21時まで営業!仕事帰りにも寄れると評判の腰痛専門整体院です。

高松市の整体ならおか鍼灸整体院


画像診断だけで、腰痛はわかるのか?

今回は、病院での検査でおこなわれているレントゲンやMRIなどの画像検査と、腰痛の関連性について書いてみようと思います。

画像診断で異常があるからほんとにそれが腰痛の原因なのか?

腰痛の原因を判別するための画像診断

カナダで行われた研究の結果

前回のブログで、骨格の歪みがあっても、全く痛みを訴えていない患者もいるという事についてお伝えしましたが、同じような事を研究した論文があります。

カナダでおこなわれた研究ですが、2人の医師に、患者情報を全く与えずに、全く腰痛を訴えていない46人分のレントゲンなどの画像診断のみを行ってもらったところ、46人の中の76%に「異常あり」という診断がなされたというものです。

画像診断だけでは、痛みの原因は確定出来ない。

この研究からどのようなことが言えるかというと、画像診断からは、背骨や骨盤の異常はわかっても、実際にその人が腰痛などの痛みを発しているかどうかまではわからないということです。

腰痛を判別するための重要なポイントは?

腰痛の原因を聞き出すためのカウンセリング

画像診断での異常だけが腰痛の原因と思うな!

上記のことから、画像診断のみで異常があるから、即、それが腰痛の真の原因とは言い切れないという事が考えられます。

つまり、画像診断で何か異常が発見されても、実はそれが直接的な原因でなく、他の部分に本当の原因があることも多々あるよということです。

本当の原因を探るには、画像診断のみでなく丁寧なカウンセリングやと徒手検査が必要

ここで腰痛の真の原因を判別するために必ず必要になってくるのは、画像診断に加えて、詳しく丁寧な問診・カウンセリングと、徒手検査です。

「どのような動作をした時に痛いのか」「痛みの感じ方はどのような痛みなのか」など、実際に患者様からお話を聞き、さらに実際に目で見て、触ってみたり、動かしてみてもらったりしての検査が必要になるということです。

病院で画像診断上、「ヘルニアかもしれませんね〜」といわれていても、実は腰とは他の部分(例えば、股関節や膝)などに原因があって腰痛が出現している事もあるのです。

重篤な腰痛を判別するには画像診断は不可欠

かと言って、画像診断を疎かにしてはいけません。全腰痛の15%は、整体院や整骨院では絶対に対処できない重篤な原因がある腰痛であるとされています。この15%の腰痛を鑑別するためには、必ず画像診断が必要になります。それにプラスして、問診、徒手検査も必要になるということです。

おか鍼灸整体院では、病院での画像診断を優先した方がいい場合は、必ず初診時にそのように患者さまに伝えます。

そして、カウンセリングや徒手検査に時間をかけ、患者さま1人1人の腰痛の原因をはっきりさせた上で治療していくように心がけておりますので、お悩みの方はぜひお気軽にご相談くださいね。

おか鍼灸整体院のご案内

住      所:
〒760-0043 香川県高松市今新町8-10
アクセス:
琴電琴平線 片原町駅から徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
087-887-4191
営業時間:
月曜日〜土曜日 9:00〜21:00 電話予約の最終受付は21:00です。
定休日:
日曜日 祝日

ページ上部へ