高松市で夜21時まで営業!仕事帰りにも寄れると評判の腰痛専門整体院です。

高松市の整体ならおか鍼灸整体院


腰痛とストレスの関係について

現代社会では、ストレスの全くない人というのは、ほとんどいらっしゃらないと思いますが、テレビや雑誌などでも「ストレス」の事を特集とした記事をよく目にします。

今回は、「腰痛とストレスの関係」についてお伝えしていきます。

腰痛とストレスの関係性とは?

ストレスは腰痛の原因の1つ

ストレスフルで腰痛に悩まされている女性そもそも、腰痛の原因は?といったらみなさん、悪い姿勢だったとか、重たいものを持ったとか、いろいろ思い浮かぶと思いますが、この原因の1つに「ストレス」という要素もあることをご存知でしょうか?

腰痛と「ストレス」を結びつけようとしても、これがどう原因となるのかイメージがほとんどわかない人がほとんどだと思います。

慢性的な腰痛な人ほどストレスフルな生活をしている

でも、私が、おか鍼灸整体院で、多くの腰痛でお悩みの人と向かい合ってきた中で、慢性的で治りにくい腰痛の人ほど、ストレスフルな生活環境にいるパターンが本当に多く見られます。

「ストレス」が痛みを起こす原因とは言い切れなくても、痛みを増幅して感じさせる要素であることには、間違えは無いと思います。

「ストレス」を溜め込むと、どのような事がおこっているの?

ドーパミンは痛みから身を守る脳の機能の1つ

脳のドーパミンの機能のイメージ近年よく言われているのが、脳と、痛みをコントロールする「ドーパミン」という物質の関係についてです。

ドーパミンは、痛みを抑制する物質で、腰痛で痛い状態になると、脳からドーパミンが分泌されて、痛みを軽減させながら身を守るという、人間が生まれながらにもっている機能の1つです。

ストレスが多すぎると、ドーパミンの分泌量が減る。

ただし、日常生活の中で、過剰にストレスにさらされすぎると、脳内でのドーパミンの分泌システムが上手く働かなくなってしまいます。

脳内でのドーパミンの分泌が減るため、痛みを軽減する事ができなくなり、腰痛をますます強く感じるようになります。

そして、腰痛を強く感じるようになるので、さらにストレスは強くなり、脳内のドーパミンの分泌は更に減少し、余計に痛くなるという「痛みの悪循環」に陥ってしまいます。

このように「ストレス」も痛みの完全な原因とまでいかなくても、痛みを慢性化させてしまう、1つの要素になります。

心当たりのある方や、ご質問がある人は、お気軽に、おか鍼灸整体院までご相談くださいね。

おか鍼灸整体院のご案内

住      所:
〒760-0043 香川県高松市今新町8-10
アクセス:
琴電琴平線 片原町駅から徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
087-887-4191
営業時間:
月曜日〜土曜日 9:00〜21:00 電話予約の最終受付は21:00です。
定休日:
日曜日 祝日

ページ上部へ