高松市で夜21時まで営業!仕事帰りにも寄れると評判の腰痛専門整体院です。

高松市の整体ならおか鍼灸整体院


腰痛だからといって薬に頼って大丈夫?

腰痛でおか鍼灸整体院に施術を受けに来られる人の中には、市販の痛み止め薬や、病院で処方された薬を毎日のように飲んだり、飲まないとまた痛みそうで不安なので毎日飲んでいるという人もいます。

今回は腰痛と薬についてというテーマで、どのようなことに注意すればいいのか私の分かる範囲で説明しようと思います。

腰痛だからといってそんなに安易に薬に頼って大丈夫?

痛み止めの薬朝起きると、腰がすごく痛い、でも仕事が休めないし、病院にも行くほどでもないし時間ももったいないし、そういえば、以前病院でもらった痛み止めの薬やシップがあったので使おう! 

このような感じで、安易に薬やシップを使用している人は意外と多いのではないでしょうか?

でも、ちょっと考えてみてください。あなたはその、痛み止めの薬や、シップが本当にその腰痛の解決になると思いますか?そもそも、痛み止めの薬って体にどのような変化をもたらしているかご存知ですか?

安易に、腰痛がひどいからと言って薬に頼ってはいけません。あなたの腰痛を、治りにくくしてしまい、悪循環に入ってしまう可能性もあるのです。

薬を飲んで痛みが引いたからといって良くなった訳ではない。

腰痛をごまかし続けている人痛み止めの薬を飲むとたしかに多くの腰痛は、一時的に和らぐことが多いです。ただし、その和らいだ腰痛は、本当に良くなっているのでしょうか?

残念ながらそうではありません。多くの病院で処方される痛み止めや、ドラッグストアーで売られている痛み止めの薬は、腰痛の原因に対してアプローチしているのではなく、ただ痛みを感じにくくしているだけなのです。

つまり、腰痛そのものの原因を減らしたわけではないので、根本的な解決には全くなっていないのです。

痛み止めは、その場しのぎにしかなっていない。

腰痛に対する、その場しのぎでなく原因へのアプローチには次のようなものが挙げられます。

  • 整体や鍼灸で体の歪みのバランスを整える。
  • 悪い姿勢や間違った体の使い方などを修正する。
  • 腰痛を予防するための運動やセルフケアを習慣づける。

これら腰痛の原因に対してのアプローチだとすれば、痛み止めに頼っているだけの場合は、その場しのぎのごく表面的なごまかしに過ぎないのです。

次回は、腰痛を薬でごまかすとどのようなことが起こってくるのか考えていこうと思います。今回の記事の内容や、お体の不調などでご質問があれば、お気軽におか鍼灸整体院までご相談ください。

おか鍼灸整体院のご案内

住      所:
〒760-0043 香川県高松市今新町8-10
アクセス:
琴電琴平線 片原町駅から徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
087-887-4191
営業時間:
月曜日〜土曜日 9:00〜21:00 電話予約の最終受付は21:00です。
定休日:
日曜日 祝日

ページ上部へ