高松市で夜21時まで営業!仕事帰りにも寄れると評判の腰痛専門整体院です。

高松市の整体ならおか鍼灸整体院


ぎっくり腰の原因は?

今回のテーマは「ぎっくり腰の原因」についてです。

ぎっくり腰になる「原因」とは?

前回のブログで説明したように、ぎっくり腰は、正式には「急性腰痛」と呼ばれるものです。

不用意に急に体をひねった、重たいものを無理な中腰で持ち上げた、前傾姿勢をとったままくしゃみをしたなど、このような、きっかけとなる体への負荷が、腰の筋肉や、背骨や骨盤の関節部分にかかることで、突然発生する痛みです。


ぎっくり腰は、普段からの腰にかかる負担の蓄積が原因

疲れの蓄積でぎっくり腰になりそうな女性でも、これらの痛みは、健康で、筋肉や関節が正常に近い状態であれば、このような動作をしても、ぎっくり腰になるようなことは、ほとんどありません。

つまり、ぎっくり腰として痛みが出るまでの間に筋肉、骨盤や背骨、背骨のクッションである椎間板などに、本人が気づかないうちにじわじわと、負担や疲労を積み重ねることで、筋肉は固くなり、関節は歪み、椎間板が傷みます。そしてそれがどんどん蓄積していきます。

そして、そこにきっかけとなる「不用意な動き」が起こることで、ぎっくり腰になってしまう
のです。


ぎっくり腰の黒幕は体の悪い使い方などの生活習慣です。

普段からの悪い生活習慣の積み重ねで、腰痛を発生しそうな男性結局、何が言いたいかというと、ぎっくり腰は突然何事も無く起こるのではなく、それまでにある程度長い期間をかけて疲労や負担を蓄積してきた結果として起こっているんだという事です!

この長い間かけて疲労や負担を蓄積する例として多いのは、長時間の無理な姿勢や、悪い姿勢です。

他にも、骨盤の関節が緩んで起こったりするイレギュラーなパターンもありますが、大部分は、長時間の無理な姿勢や悪い姿勢を撮り続けている事で、疲労や負担が蓄積して起こっているパターンなのです。


ぎっくり腰は決して事故的なものでなく、防げるもの!

決して、ぎっくり腰は捻挫や、打撲のように防げない突発的な原因によって起こるものではありません。

普段から、長時間の無理な姿勢や、悪い姿勢などをとらないように意識して負担を減らしたり、腰部周辺に疲労感が強い場合はきちんと前もってケアをしておくことで防ぐ事ができるものなんです。

おか鍼灸整体院のご案内

住      所:
〒760-0043 香川県高松市今新町8-10
アクセス:
琴電琴平線 片原町駅から徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
087-887-4191
営業時間:
月曜日〜土曜日 9:00〜21:00 電話予約の最終受付は21:00です。
定休日:
日曜日 祝日

ページ上部へ