高松市で夜21時まで営業!仕事帰りにも寄れると評判の腰痛専門整体院です。

高松市の整体ならおか鍼灸整体院


ぎっくり腰ってどういう時になるの?

今日からは「ぎっくり腰」シリーズでお話していこうと思っています。今回はまず最初なので、「ぎっくり腰になるきっかけは?」というお話をしていこうと思います。

ぎっくり腰ってどういうときになるの?


ぎっくり腰とは、ふとした瞬間や、重たい荷物を持ち上げたり、体を捻ったりとか、急な瞬間的な動作で負担がかかった時などに起こる事が多い、動けなくなるような激しい腰痛をさします。このような特徴から、ぎっくり腰のことを欧米では、「魔女の一撃」と表現されることもあるくらいです。でも、実際には、上記のような典型的な「ぎっくり腰」のパターンのみではありません。例えば・・・・
  •  何かを持ち上げた瞬間、痛みがはっきりと表れ、それ以降痛くて動けなくなった。(典型的なパターン)
  •  痛みが起こった瞬間ははっきりわかったが、しばらくなんともなかったのに、徐々に痛みがましてきて動けなくなった。
  •  痛みが出たきっかけははっきりしないが、短時間の間に痛みが増してきて動けなくなった。
といった、少し、パターンの異なる「ぎっくり腰」もあります。 また、なったきっかけも様々ですが、おか鍼灸整体院にこられているぎっくり腰の方にお聞きした、「ぎっくり腰になったきっかけ」の例をあげますと・・・・
  •  重たいものを持ち上げた瞬間になった。
  •  くしゃみをした瞬間になった。
  •  朝、顔を洗おうと前にかがんだ瞬間になった。(上半身の動き)
  •  仕事から帰ってきて、ズボンを履き替えようと、足を持ち上げた瞬間になった。(下半身の動き)
  •  床にあぐらをかいて長時間すわっていたら、気づいたら痛くて立てなくなった。
など、色んなきっかけはありますが、これらを分類すると、最初に説明したいくつかのパターンがあることがおわかりいただけます。一概に、急激な瞬間的な力が体に働いた時だけにおこっているわけでもなさそうですね。 

おか鍼灸整体院のご案内

住      所:
〒760-0043 香川県高松市今新町8-10
アクセス:
琴電琴平線 片原町駅から徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
087-887-4191
営業時間:
月曜日〜土曜日 9:00〜21:00 電話予約の最終受付は21:00です。
定休日:
日曜日 祝日

ページ上部へ