高松市で夜21時まで営業!仕事帰りにも寄れると評判の腰痛専門整体院です。

高松市の整体ならおか鍼灸整体院


腰椎椎間板ヘルニアの「痛みの悪循環」について

今日のテーマは、腰椎椎間板ヘルニアでの痛みの悪循環について説明してみようと思います。

腰椎椎間板ヘルニアでの「悪循環」とは?

前回、ヘルニアで、椎間板の外側の殻を破って飛び出した部分は、マクロファージによって吸収されて、無くなってしまうとお伝えしました。前回のブログをご覧になられていない方は、ぜひご覧ください。

様子を見ましょうと言われても困ってしまう。

椎間板ヘルニアで悪循環に陥って困っている女性確かに、ある程度安静にしていれば、個人差はあるにせよ、徐々に良くなってくるものではあります。

病院でも、手術が必要になる重症例以外の腰椎椎間板ヘルニアに対しては、痛み止めや、シップ、腰の牽引などで、様子を見ましょうという感じになっている事がほとんどです。

ただ、腰椎椎間板ヘルニアで悩んでいる方で、問題になっているのは、この「様子を見ましょう」と言われている期間の痛みなんですよね。

「様子を見ましょう」というのは簡単ですが、様子を見ながら、痛みに耐える側はたまったもんじゃありません。

痛みを長期間我慢し続けるとどうなってしまうのか?

これは椎間板ヘルニアに限った話ではありませんが、痛みを長期間我慢していると、以下のような悪循環が発生します。

  • 腰痛がひどい、足のしびれや痛みがひどい
  • 痛いから、いつものように動きたくない(運動量が減り、活動的でなくなる)
  • 職場や家庭で自分の痛みを理解してくれないので無理に頑張らざるおえない
  • ストレスもたまるし、活動量が減るために筋力なども低下し、余計痛みが強くなる。
このように上から順に、悪循環にどんどん陥っていく方が多くいらしゃいます。おか鍼灸整体院に来られている、腰椎椎間板ヘルニアの方の多くはこのような、流れで悩んでいる方がほとんどです。

このような、悪循環に陥り、筋力低下が進むと余計痛みなどが長引く傾向にありますし、最近の研究では、ストレスを貯めこむことにより、マクロファージによるヘルニアの吸収もうまく進みにくくなるというふうに言われています。

おか鍼灸整体院のご案内

住      所:
〒760-0043 香川県高松市今新町8-10
アクセス:
琴電琴平線 片原町駅から徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
087-887-4191
営業時間:
月曜日〜土曜日 9:00〜21:00 電話予約の最終受付は21:00です。
定休日:
日曜日 祝日

ページ上部へ