高松市で夜21時まで営業!仕事帰りにも寄れると評判の腰痛専門整体院です。

おか鍼灸整体院


腰椎椎間板ヘルニアで現れる痛み・シビレとは?

今回は「腰椎椎間板ヘルニアで、現れる痛みやシビレについて」話していこうと思います。

腰椎椎間板ヘルニアになることで起こる変化とは?


腰椎椎間板ヘルニアになることで、主に以下のような変化が体におこります。
  1. 坐骨神経痛(お尻や、太もも、ふくらはぎ などのシビレや痛み)
  2. 下肢のしびれ・感覚異常(親指、小指など)
  3. 腰痛
  4. 下肢の筋力低下(力が入りにくい・スリッパが脱げやすいなど)
  5. 膀胱・直腸障害(尿意がわからない・肛門周囲の感覚が無いなど)
腰椎椎間板ヘルニアの患者さまに起こる、体の変化としては以上のようなことが考えられます。具体的に説明しますと・・・ ヘルニアの飛び出す程度や、段階によっても現れ方は異なってきます。まず、1つの傾向として、ヘルニアの初期の段階、つまり、椎間板の外の殻である「繊維輪」が傷んできている段階では、おもに「腰痛」が強く現れます。

続いて、外の殻が破れ、中を満たしている「髄核」が外へ飛び出し、その周辺にある神経を圧迫した場合に、現れる変化が「坐骨神経痛」などの、お尻〜下肢に出る痛みやシビレです。 この段階になると、初期に現れていた「腰痛」は軽減し、お尻から、下肢のシビレや痛みのほうが顕著になってきます。

そして、この状態が継続してくることで、足の力が入りにくいといった、「筋力低下」や、足の裏や、指先の感覚がおかしいといった、「感覚の異常」も起こってきます。ヘルニアでは、一番注意が必要なのは、「直腸・膀胱障害」です。これは、尿意がわからなくなったり、肛門周囲の感覚がわからなくなるような状態を言いますが、このような状態が現れた場合は、手術の適応となります。

以上、大まかですが、腰椎椎間板ヘルニアで現れる体の変化についてお話しました。次回は「飛び出したヘルニアって、吸収される?」についてお伝えします。

おか鍼灸整体院のご案内

住      所:
〒760-0043 香川県高松市今新町8-10
アクセス:
琴電琴平線 片原町駅から徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
087-887-4191
営業時間:
月曜日〜土曜日 9:00〜21:00 電話予約の最終受付は21:00です。
定休日:
日曜日 祝日

ページ上部へ