高松市で夜21時まで営業!仕事帰りにも寄れると評判の腰痛専門整体院です。

高松市の整体ならおか鍼灸整体院


腰痛と飲酒について

今回は、腰痛と飲酒の関係についてお伝えしたいと思います。

飲酒が腰痛と関係しているなんて、何かピンとこないと思われる方も多いと思いますが、慢性的に痛みを抱えている人の多くは、一度は、飲酒後に普段より痛みが増した経験があったりしませんか?

まず結論から言いますと、腰痛時に飲酒をすると、痛みは増加する傾向にあります。では、なぜ悪化してしまうのか説明していきますね。


飲酒によって腰痛が悪化する原因

お酒を飲む事による、腰痛の悪化の原因としては以下のものが考えられます。
  1. お酒を飲む際は姿勢が悪くなっている時が多く、しかも長時間になりやすい。
  2. 大量飲酒によって、内臓に負担をかけ、「内臓由来の腰痛」を発症する可能性がある。
  3. アルコールの作用で炎症が増したり、その後の冷えによって痛みが増す。
では、これらを1つ1つ説明していきますね。

①飲酒する際の長時間に及ぶ悪い姿勢

nomikai.png一度、飲み会などでお酒を飲んでいる際に、自分がどのような姿勢でいることが多いかをイメージしてほしいのですが、この際の姿勢は圧倒的に悪いことが多いです。

イスに座る飲食店であれば、まだましかもしれませんが、座敷などの場合ほとんどの人は、腰を丸めて、猫背気味の姿勢になってしまいます。これだけでも、結構痛みは増加するのに、飲み会の際はこれが長時間になったりしてしまいます。

②内臓由来の腰痛を発症する可能性がある。

kanzo.png大量の飲酒によって、内臓に負担をかけおこる疾患はたくさんありますが、これら内臓が負担を受けることによって腰痛がおこることもあります。腎臓や、胃腸の病変が腰背部に痛みを出すことも知られています。

最初は、ただの筋肉疲労による腰痛だったとしても、大量飲酒を続けていくことで、内臓疾患を発症して、それにより、「腰痛」が増悪していたというケースもありえます。

肝臓・腎臓・胃腸に疾患を抱えている方で、長く続いている腰痛がある場合は、一度内科的な原因で腰痛が起こっていないか疑ってみてもいいかもしれません。


③一時的で急激な「血流増加」やその後の「冷え」による腰痛の増悪

kekkan.png炎症とは、筋肉などの身体の組織が損傷した際に、その周辺の血管が拡張し血流が集中し、腫れや熱をおびる状態を指します。とくに、「ぎっくり腰」のような急に出現する強い痛みの際には、このような炎症が腰部におこっていることが多くあります。

飲酒をすることで、一時的に血流が増加して、この炎症の状態を増悪させ、腫れや、熱感が強くなり、それに伴い、痛みの程度も一時的に強くなってしまいます。特に、患部に腫れや熱感がある場合は飲酒は「百害あって一利なし」と思っておいてください!

また、飲酒することで、一時的に上がった血流は、その後、急激に減少して、上昇していた体温を落ち着かせるために今度は、身体は放熱しようとします。この機能により、飲酒後は体温がかなり低下します。この体温低下による「冷え」「血流減少」によって、腰痛が増悪することがあります。

以上のように、飲酒はストレス解消効果もある事は否めません。ただし以上のようなリスクも抱えている事も理解していただいた上で、腰痛など痛みが出ている場合は飲酒は控えめにしていただく事をおすすめします。

おか鍼灸整体院のご案内

住      所:
〒760-0043 香川県高松市今新町8-10
アクセス:
琴電琴平線 片原町駅から徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
087-887-4191
営業時間:
月曜日〜土曜日 9:00〜21:00 電話予約の最終受付は21:00です。
定休日:
日曜日 祝日

ページ上部へ