高松市で夜21時まで営業!仕事帰りにも寄れると評判の腰痛専門整体院です。

高松市の整体ならおか鍼灸整体院


腰痛予防のための正しい座り方

前回のブログでもおはなししましたが、デスクワークが長い人や長時間にわたって同じ姿勢をとり続けることが多い人は、「腰痛」「首肩の痛み」を抱えているひとがすごくたくさんいらっしゃいます。

原因としては、
  • 座位自体、直立の姿勢と比較すると腰や首にかかる負担が大きくなる姿勢であること
  • 「猫背」や「脚を組む」といった間違った座り方をしているということ
が主にあげられる事も話させていただきました。そこで今日は、腰痛予防のためにはどのように座るといいのか?そのポイントについてお話したいと思います。

①自分の座り方の現状を知る

正しい座り方を知る前に、まずは自分がいかに間違った座り方をしているかを知らないといけません。以下に挙げたチェック項目をみてみて、自分の座り方を振り返ってイメージしてみてください。
  1. PCなどの画面に集中しすぎて、前のめりになってませんか?
  2. 身体や頭を支えるために、片肘をついていませんか?
  3. お尻が椅子の座面の前の方に、浅く座ってませんか?骨盤が後ろに倒れてませんか?
  4. 自分の身体が、机に対してきちんと正面を向いてますか?斜めを向いてませんか?
  5. 脚を組んでませんか?
上記の姿勢は、「だって、そのほうが楽だもん」とおっしゃる人もいるかもしれませんが、これらの癖があると、必ずと言っていいくらい腰痛・首肩の痛みにつながっていきます。あなたは大丈夫でしたか・・・・?

②正しい座り方の2つのポイントとは?

これにはいろいろと細かく言えばいくらでもポイントは挙げれるのですが、これだけは必ず守ってというポイントが2つあります!それは・・・・・・
  1. 背もたれにおしりが当たるくらい深く座るようにする。(お尻と背もたれに空間を作らない)
  2. 出来るだけ椅子ごと前によって、自分の身体と机を近づける。(間隔をとりすぎると猫背になりやすい)
この2つを守っていただければ、腰や首にかかる負担はかなり減少します。逆にいうと、この2つのポイントを守れずに、悪い姿勢で座り続けている方は、腰痛や、首肩の痛みを発症し、しかも、これらの原因がかかり続けているために治療を行ってもうまく反応しない場合もあります。

そして、このような悪い姿勢をとっていることに気づきながら放置し続けることで、ただの腰痛を通り越し、腰椎椎間板ヘルニアなどといった重篤な腰痛や脚のしびれ等につながっていきます。普段の自分の生活習慣を変化させるのにはすごく苦痛を伴いますし、めんどくさいものですが腰痛で悩んでいる方は、一度、自分の座り方を見なおしてみてはいかがでしょうか?

もし、わかりにくかったり、もっと深く知りたい場合は、おか鍼灸整体院まで一度ご相談くださいね。

おか鍼灸整体院のご案内

住      所:
〒760-0043 香川県高松市今新町8-10
アクセス:
琴電琴平線 片原町駅から徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
087-887-4191
営業時間:
月曜日〜土曜日 9:00〜21:00 電話予約の最終受付は21:00です。
定休日:
日曜日 祝日

ページ上部へ