高松市で夜21時まで営業!仕事帰りにも寄れると評判の腰痛専門整体院です。

おか鍼灸整体院


腰痛を起こしやすい部分④ 多裂筋、梨状筋

多裂筋・梨状筋が原因となる腰痛
IMG_0054.jpg  IMG_0055.jpg

腰痛は背骨や関節のみが原因でなく、その周りにある筋肉が原因で起こることもあります。その腰痛を引き起こす筋肉の主なものとしては、上の左図の青い矢印の「多裂筋」、左の図の青い矢印の「梨状筋」が挙げられます。

まず、「多裂筋」についての説明をしていきましょう。多裂筋は、首から腰まで上下に長く走っている筋肉ですが、首よりも腰のほうが負担のかかり方が大きいために、腰部の多裂筋のほうが太く、頑丈になっています。

この多裂筋の主な働きは、身体の前面の腹筋群と共に身体をまっすぐな姿勢で保つ事です。ただ、姿勢を保つための腹筋群の話はまた、別のページで詳しくお話しますが、どうしてもこの腹筋が弱くなってうまく使えていない場合が非常に多く、前側からの支えが弱くなります。となると、本来前面と後面でバランスよく身体を支えるべきであるのに、前面の腹筋が弱くなり支えれなくなるので、その分を、後方の多裂筋が余計に頑張って支えようとします。

そのため、多裂筋は非常に疲労しやすく、硬化しやすい筋肉であると言えます。また、この多裂筋は、椎間関節の関節包や、仙腸関節にもくっついているために、この筋肉が以上に緊張しすぎると、仙腸関節や、椎間関節由来の腰痛を引き起こすこともあります。勿論、多裂筋自体の緊張も腰痛を引き起こす原因の一つとなります。

次にもう一つの「梨状筋」についての説明です。梨状筋は上の左図の矢印の指している細い筋肉です。お尻の筋肉でも、かなり奥深い深部にある筋肉です。この梨状筋も、負担がかかり疲労が蓄積することで、硬化するとこの筋肉自体がお尻の周辺に痛みをだします。

しかし、この筋肉の緊張が強くなるとそれだけでは済まずに、お尻から太ももの後面、ひどい場合はふくらはぎから指先のほうまで痛みやシビレを出すことがあります。それは、なぜかといいますと、上の左図をみてください。 矢印の「梨状筋」のすぐ下を黄色い繊維が下へ向いて走っているのがわかるでしょう。これは、「坐骨神経」といわれる太い神経です。

つまり、この坐骨神経は梨状筋を貫く様にして走っているため、梨状筋が緊張してしまうと、この神経を筋肉自体が圧迫してしまうのです。それにより、脚にしびれや痛みを感じる「坐骨神経痛」と同じ状態が発生してしまうのです。これを我々は「梨状筋症候群」と呼んでいます。

おか鍼灸整体院のご案内

住      所:
〒760-0043 香川県高松市今新町8-10
アクセス:
琴電琴平線 片原町駅から徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
087-887-4191
営業時間:
月曜日〜土曜日 9:00〜21:00 電話予約の最終受付は21:00です。
定休日:
日曜日 祝日

ページ上部へ