高松市で夜21時まで営業!仕事帰りにも寄れると評判の腰痛専門整体院です。

高松市の整体ならおか鍼灸整体院


腰痛を起こしやすい部分② 椎間板とは

椎間板が原因となっている腰痛

椎間板という背骨のクッションの断面  椎間板という背骨のクッションを前から見たイメージ

椎間板は背骨の衝撃を吸収するクッションです。

やわらかいクッションのイメージ今回は腰痛の原因になる部分の2つめである「椎間板」について説明していこうと思います。椎間板という言葉は、最近では雑誌や、テレビなどの腰痛や整体の特集でもよく出てくる単語ですので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

上の2つの図の中の、赤い矢印のついた円盤上の部分、これが「椎間板」と呼ばれる部分です。

この椎間板は、どのような役目をしているかというと、衝撃を吸収するクッションの役目をになっています。上の背骨の図をみてもらうとわかるように、背骨の積み木と積み木の間に1つ挟まれる感じで存在しています。

この「椎間板」は、クッションの役割を果たすのに適した構造をしています。中身は、ゼリー状のやわらかい弾力性に富んだ「髄核」というもので満たされていて、その周りの外側を「繊維輪」という軟骨のような殻で覆われています。

このクッションの中身が飛び出した状態がヘルニアです。

ヘルニアで腰痛や坐骨神経痛が出ている人椎間板といいますと、みなさん一度は「椎間板ヘルニア」という言葉を聞いた事がおありでしょう。

代表的な腰痛を伴う疾患の1つですが、この椎間板ヘルニアは、先ほど説明しました、クッションの中身が、外の殻を破って、外側へ飛び出してしまう病変の事を指します。 

外へ飛び出したクッションの中身が背骨のすぐそばにある神経を圧迫してしまうと、「坐骨神経痛」といった脚のシビレや、痛みを伴う事も多くあります。

クッションの機能は加齢と共に減少する。

椎間板の中身は正常なら、非常に多くの水分が含まれています。しかし、この水分は加齢と共に減少して、椎間板自体の厚さが薄くなり、もろくなってきます。

椎間板が薄くなってくると、背骨の積み木と積み木の隙間が狭くなってしまうので、その繋ぎ目の関節にも負担がかかって腰痛が起こりやすくなります。

3つ目の仙腸関節の説明は、「腰痛を起こしやすい部分③ 仙腸関節とは」のページを御覧ください。

おか鍼灸整体院のご案内

住      所:
〒760-0043 香川県高松市今新町8-10
アクセス:
琴電琴平線 片原町駅から徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
087-887-4191
営業時間:
月曜日〜土曜日 9:00〜21:00 電話予約の最終受付は21:00です。
定休日:
日曜日 祝日

ページ上部へ