高松市で夜21時まで営業!仕事帰りにも寄れると評判の腰痛専門整体院です。

高松市の整体ならおか鍼灸整体院


腰痛を起こしやすい部分① 椎間関節とは

腰痛の主な原因となる部分は?

ここでは、腰痛の細かい病名ごとの説明でなく、腰痛は体の中のどのような部分が痛みを出しているのかについて書いてみます。

腰で痛みを引き起こす主な部分としては、次の5つが挙げられます。ここでは5つあるんだな〜位のイメージで結構です。
  1. 椎間関節(背骨の関節)
  2. 椎間板(背骨のクッション)
  3. 仙腸関節(骨盤の関節)
  4. 腰部やお尻の筋肉(多裂筋や梨状筋など)
体のバランスをとっているイメージそして、これらの5つの部分は、それぞれが単独で痛みを出すことは少なくて、5つがお互いに関連しあってその結果としてある部分に痛みを出しているパターンがほとんどです。

これら5つの部分がそれぞれ関連し合っているという事は、どこか1つの部分だけに整体を施しただけではなかなか痛みは良くなってこないという事です。

おか鍼灸整体院では、ここに挙げた5つの部分の全体的なバランスを取り、そしてその中でも一番障害されている部分に対して詳細な施術を行っていく考えで施術を行っています。

これら5つの代表的な部分について1つずつ詳しく説明していくことにしましょう。

椎間関節が原因となっている腰痛

背骨の関節である椎間関節のイメージ  後ろから見た背骨の関節である椎間関節のイメージ

椎間関節とは、上の2つの図の緑色の◯で囲った部分の名前です。
 
椎間関節は痛みに敏感な部分
背骨は、図のように骨盤を土台にして、積み木を重ねるようにしてあるのですが、その積み木と積み木を繋げる部分というとわかりやすいでしょうか?この関節はそれぞれの高さの積み木ごとに左右1つずつ存在します。

この関節の部分は非常に痛みに対して敏感で、この部分に負担がかかって障害されると、非常に強い痛みを生じます。ぎっくり腰の原因となる部位の1つでもあります。
 
変形を起こし重症になる事もある
この部分は、本来は関節包という強い袋で覆われて補強されています。何らかの負荷がこの部分にかかる事で、この関節包が傷んだり、関節部分に挟み込まれたりして痛みが出現すると考えられています。

また、長期間何十年も負担がこの部分にかかることで、関節の骨同士がぶつかることで、変形を起こし、重篤な状態へ移行することもあります。

2つ目の椎間板についての説明は「腰痛を起こしやすい部位② 椎間板とは」のページを御覧ください。
 

おか鍼灸整体院のご案内

住      所:
〒760-0043 香川県高松市今新町8-10
アクセス:
琴電琴平線 片原町駅から徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
087-887-4191
営業時間:
月曜日〜土曜日 9:00〜21:00 電話予約の最終受付は21:00です。
定休日:
日曜日 祝日

ページ上部へ